買うより借りる

男性

法人におけるメリット

コピー機は欠かせないOA機器です。近年は値段も下がっていますが、法人であればリースを利用して借りる方がメリットがあります。コピー機でリースを使うメリットとしては、第一には費用の流出を抑えることができます。現金で購入するとそれだけ資金が出ていきますから運転資金が減少します。またリース料は経費で処理することができますので、購入して減価償却をするよりも短期間で税法上の負担を軽減することができます。それにコピー機は固定資産に計上されるので財務比率を悪化させる原因になりますが、リースによる経費処理であれば、それがありません。経費処理が出来ることで事務の合理化も可能です。また減価償却を利用する弊害として、一定期間の使用を求められることです。しかし、この間に技術は進歩しますので、陳腐化します。コピー機が単なるコピーをするだけの機能しか求めない場合には特に問題にはなりませんが、さまざまな機能を取り入れていきたい、新しいシステムを導入したいといった場合には、陳腐化のリスクが大きく足を引っ張ることになります。一方でデメリットとしてはリース料が上乗せされるので購入するよりも高額になりがちです。また原則として中途解約が出来ません。しかし、それも費用面ではメンテナンスや保険料が含まれており、安心して使用することができるメリットがありますし、中途解約にしてもリースの期間を短くすることで、回避することができます。